林業工学研究室

<<測量学>>

  • 単位数    : 2
  • 担当教官   : 景山 寛司 非常勤講師
  • 連絡先    : 森林科学科森林資源学講座(林業工学研究室 後藤純一) 088-864-5139, gotou@fs.kochi-u.ac.jp
  • 授業相談日  : 水曜日・12:15-13:00・講師控室
  • 授業目標
     測量の基礎理論ならびに技術につながる論理を習得し、測量士の資格取得に値する能力を習得させる。あらゆる物の計測 には、必ず誤差を伴うので、その誤差の意味と誤差を消去するための理論を理解する。
     測量は小面積の場合は平面として扱うことができるが、大面積になると球面として扱う必要があるので、その理論と応用 を習得する。
     測量器具と測定精度の相関をしる。高い精度が要求される場合の測定器械と測定方法、そして測定結果の処理・演算法を 学び、実際に測量業務に従事できる知識と技術を習得する。

  • 授業内容
     測定値に含まれる誤差の種類を知り、誤差論を学ぶ。測定値に含まれる誤差の規則性を知る。測量の根幹である測長と測角の意味と論理を概説する。測量作業を構成する骨格測量、骨格測量の測点から分岐して進めら れる細部測量について、測量技術の比較的低水準の細部測量術から順次論述し、高度な骨格測量へと進展する。すなわち、 ポールと巻き尺による測距、平板測量、ポケットコンパス測量、水準測量、トランシットによる経緯距測量、三角測量等の 理論と計算処理法を論述する。

  • 教科書・参考書: 小田部 和司 図解土木講座測量学 技法堂、プリント
  • 備考     : 森林科学科の学生は必修科目

    教育内容のページに戻る