林業工学研究室

<<伐出計画学>>

  • 単位数    : 2
  • 担当教官   : 神崎 康一  非常勤講師
  • 連絡先    : 森林科学科森林資源学講座(林業工学研究室 後藤純一) 088-864-5139,   gotou@fs.kochi-u.ac.jp
  • 授業相談日  : 講義期間中・随時
  • 授業目標
     森林経営で最も重要な行為である伐採・搬出行為に関する理論的技術的分野について詳述する。本論では、森林を主とし て経済資源としての視点で捉えて論述する。 新たな森林経営計画は、現存する森林の収穫行為からスタートする。したが って、次代の森林造成計画は伐出計画によって決定されることになる。この伐出事業は、収穫物が農産物のように取扱い易 いサイズに調整することが不能な、長大な木材であること、そして、生産の場が千差万別であることに準拠して、その「場 の条件」による生産効率の相違を論理的に説明する。

  • 授業内容
     森林作業システム学のなかの伐出作業分野を論理的、あるいは実際的に詳細に授業する。伐出計画を立てるに必要な諸要 因の効果を国内の場合と外国先進国の場合、開発途上国の場合の例に基づいて論理的ならびに実際的に教授する。
     講義の前段は現状分析であり、後段は伐出計画のためのシステム設計の手法である。システム設計はOR、PERTに 基づく功程管理、そして新システムの開発法としてKJ法、ワークデザイン法が論じられ、演習形式で実際例に基づいて設 計演習を含んでいる。

  • 教科書・参考書: ORの基礎 OR演習部会編 日科技連出版、プリント
  • 備考     : 森林作業システム学を受講していることが望ましい


  • 教育内容のページに戻る