林業工学研究室

<<森林測量学実習>>

  • 単位数    : 1
  • 担当教官   : 景山 寛司  非常勤講師
  • 連絡先    : 森林科学科森林資源学講座(林業工学研究室 後藤純一) 088-864-5139,    gotou@fs.kochi-u.ac.jp,
  • 授業相談日  : 水曜日・12:15-13:00・講師控室
  • 授業目標
     測量成果を平面として取扱うことのできる範囲の陸上測量のすべてを計画、実施し得る理論と技術を習得する。具体的に は、非常に精度の高い地形測量を計画する技術、計画に従って測量をセオドライトやトランシットを駆使して実行する技術 を習得する。また、測量効率を高めるために、細部測量では簡易な測量器械であるポケットコンパスを使用して、トラバ ース測量をして、図上誤差修正の技術を習得する。一方では、航空写真測量の写真をもとに地形図を作製する技術論につい ても理解する。汎地球的位置情報システムGPS測量については、リアルタイムキネマティック法によって、高い測量精度 をあげる手法を導入する。

  • 授業内容
     授業時間の多くを屋外で実際に測量器械を使って、技術の習得に費やす。授業では、実際の測量手順の逆にレベルの低い 簡易測量器械であるポケットコンパスの操作とその測量成果の誤差修正と製図から始める。次いでセオドライトによる骨格 トラバース測量を実施し、その成果を経緯距計算をして座標値として測点を確定し、地形情報として整理する。
     航空写真測量については、既製写真から地形図を作製する手法を実習する。また、汎地球的位置情報システムGPSによ る絶対位置の測量は、リアルタイムキネマティック法を使って現在地を測量し、既往の測量技術とデータ処理の相違を明確 にする。

  • 教科書・参考書: 教科書は使用しない
  • 備考     : 測量士補を申請するためには習得していなければならない


  • 教育内容のページに戻る