林業工学研究室

<<森林空間情報学演習>>


  • 単位数    : 1
  • 担当教官   : 後藤純一(森林科学科)
  • 授業目標
  •  GPSによる測量・GISを用いたデータベースの構築などは理論だけの知識ではその技術を応用することは不可能であ る。これらの技術は森林を管理し、その利用を計画する上で、また、森林科学を研究する上でも不可欠のものであり、森林 に関する専門的知識と情報処理の知識が基礎となっている。森林空間情報学で学んだこれらの知識の理解を演習によって深 め、実践的能力を高める。

  • 授業内容
     GPSによる測量方法には基準点測量のための精度が高い干渉測位法と細部測量のためのディファレンシャルGPSがあ る。衛星からの電波を受信機で受信し、受信データを計算機で解析し、2つの方法を用いて測量成果を得る。この成果は測 量学で学んだトランシットトラバース測量成果と対比してその精度を検定する。
     GISは森林の地況や林況といった情報と地図上の林地の図形情報を結合したデータベースを構築するものである。演習 では農学部付属演習林を対象として、作表ソフト・図形入力と解析ソフトを用いてそのデータベースを構築する。
     なお、GISの演習に先立って計算機の種々の利用方法をインターネットに接続された計算機を用いて演習し、情報処理 の基礎知識と技術を高める。

  • 教科書・参考書: 使用しない
  • 備考     : 森林空間情報学と並行して授業を進めるので、演習を受講する者は森林空間情報学も受講すること

    教育内容のページに戻る