林業工学研究室

<<森林生産工学実験>>


  • 単位数    : 1
  • 担当教官   : 後藤純一(森林科学科) 鈴木保志(森林科学科)
  • 連絡先    : 森林資源学講座(林業工学研究室 後藤) 088-864-5139,  gotou@fs.kochi-u.ac.jp
  • 授業相談日  : 随時(要予約)・林業工学研究室
  • 授業目標
     森林生産施設学・森林生産機械学・森林作業システム学では、森林資源を生産するための工学的理解を深めることを目標 としている。これらの授業で学んだ知識を、実験と森林生産の現場見学を通じて補完し、森林生産工学の分野の総合的理解 を深めるとともに、理論を実践する能力を高める。

  • 授業内容
     土木工学・機械工学・システム工学・人間工学の分野の基礎的実験方法を構内での以下の実験で習得する。
    (1)心拍数・血圧・注視点などの労働科学的計測、(2)パワーショベルを操作し、これを時間観測することで作業能率を計測 (3)架空索の設計、(4)機械導入時の生産経費の試算、(5)車両型機械の粘着牽引力の計測、(6)チェーンソー振動・騒音測定
     森林生産の現場見学は、大規模架線集材作業とモービルタワーヤーダーを用いた集材作業についてであり、後者について は全員が機械操作を体験する。
     なお、多くの実験は屋外で行なわれるが、雨天によって実施が困難な場合は視聴覚器材を用いて海外の森林・林業を紹介 する。成績は実験レポートと見学レポートによって評価する。

  • 教科書・参考書: 使用しない
  • 備考     : 実験内容は天候によってその順番を変更する場合があるので、実験の準備にあたっては事前の指示に注意すること

    教育内容のページに戻る