問題6

木が草などのほかの植物とちがう点として、木は何年もの間生き続けることができ、大きくなるということがあります。何十年も何百年も生きた木の中には、太さが数メートルにもなり、高さも数十メートルと普通のビルよりも高くなるものもあります。


熱帯降雨林の高木(カプールの樹冠)
世界でもっとも高い木は、150メートルにもなるものがあるそうですが、日本では高さ50メートルのスギが記録されているのが最高ということです。木の種類にもよりますが、日本では世界記録ほど高い木は育たないだろうといわれています。
さて、どうしてでしょうか。


正しいと思う答を選びます

前の問題 | 解答方法 | 次の問題





















1.左枠にある解答欄に、あなたの性別・年齢・職業をお答えください。あてはまる
  ものの○をクリックしてください。

2.次に、各問題について「問題」をクリックすると右の枠に問題が表示されます。
  答を選んで、○をクリックしてください。

3.解答を一旦白紙に戻す時には、「白紙に」のボタンをクリックしてください。

4.次に、解答に対する判定が表示されます。問題毎に解説を右の枠に表示します。

5.クイズで利用した資料を紹介しています。

6.ご意見、ご感想はメールでお送りください。



それでは、挑戦してみてください。 問題に戻る
このクイズは高知大学農学部森林科学科のいくつかの研究室から問題を持ち寄り、 森林資源学講座のスタッフが編集したものです。 操作方法がご不明な場合には、こちらまでお問い合わせください。

(Powered by FEKU:Laboratory of Forest Engineering)